マラソン大会 貴重品

マラソン大会の貴重品の扱い方を紹介します。

貴重品の管理方法

 

マラソン大会に1人で参加する場合は貴重品の扱いに困りますね。

 

まして、スタート地点とゴール地点が違う場合は尚更心配になります。

 

大会に車で出かけたり、家族や友達と出かける時には、
車にしまったり、家族や友達に預ければいいのですが、

 

1人で参加の場合は、大会参加前に手荷物預かりがどうなっているか
確認しておきましょう。

 

大会によって、手荷物は預かるが貴重品は預からないとか、
貴重品だけを預かるとか、コインロッカーが用意されていたりとか、様々です。

 

貴重品預かりがあれば問題ないのですがない場合は
  • ウエストポーチに入れて一緒に身に付けて走る
  • 宿泊施設に宿泊する場合は、宿で貴重品を預かってもらう
  • 最寄りの駅で貴重品をコインロッカーに預ける

 

ベストタイムを狙ったり、レースを楽しみたいときに、ウエストポーチが気になったり、
ポケットの膨らみが煩わしく感じるようなら、貴重品は持ち込まないことです。

 

 

会場から帰宅するための交通費程度におさめ、それぐらいなら貴重品ではないと、
手荷物預かりに一緒に預かってもらう方法もあります。

 

 

スタートとゴールが別の場合は、
大会主催者が手荷物をゴール地点まで搬送してくれます。

 

手荷物の預かりがなく、コインロッカーも無い時には、
貴重品は着替えと一緒にバッグにいれておくしかありません。

 

そんな場合でもバッグが盗難にあわない工夫をしましょう。

 

バッグ1つだけをポツンと置くのではなく、複数のカバンに分けて紐でつなぎ
ビニールシートで蓋をすると良いでしょう。

 

あるいは、バッグに自転車用のワイヤーロック等で、
固定物(ガードレール、ブルーシートのハト目穴)などに固定するのもよい方法です。

 

 

マラソン大会に1人で参加する場合には、
最低限の貴重品だけを持つようにした方が後で「しまった!」
と後悔することがあっても諦めがつきます。

 

いずれにしても貴重品管理は自己責任になります

 

 

【楽天市場】のマラソン ウエストポーチ

 

全国マラソン大会要綱&周辺宿泊ホテル・旅館


ページTOP