皇居 ランニングに最適な宿泊プラン

皇居ランニング・ランナーの為の宿泊プランを紹介します。 

ランナー宿泊プランホテル,マラソン大会 ホテル,マラソン大会 宿泊,全国マラソン大会 ホテル,皇居ランニング

いつかは、皇居で走りたいと考えている人は多いかと思います。

 

出張のついでにトライできそうですよね。

 

 

最近では、中高年層を中心にランニングブームが広がり、
市民ランナーが毎年増加しています。

 

東京のマラソンのメッカ、皇居周辺では、早朝ランニングのために、
チェックアウト時間を遅らせたり、ランナーの為の特典を用意したり、
ランナーのための宿泊プランを用意したホテルが増えてきました。

 

あるホテルでは、チェックアウト時間を午後2時まで遅らせたり、
周辺の休憩所や景観ポイントを印刷したマップをしたり、
自転車の無料貸し出し、ドリンクサービス、サプリメントサービスを行ったりしています。

 

しかし、あまりに皇居の周りではランニング人口が増えたために、歩行者との接触トラブルも起きています。

 

皇居ランニングでは「反時計回り」「歩行者優先」と、マナーをキチンと守って走るようにしましょう。

 

皇居周辺でランナー宿泊プランを用意しているホテルを紹介します。

 

⇒皇居ランニング向けホテル宿泊プラン詳しい内容

 

シドニー五輪金メダリストの高橋尚子さんがレース前日、当日のアドバイスをしています。

レース前日は「トコトコ」走りで脚のばねを使わないで軽く身体を動かします。

 

会場までに長時間歩いてくる人は、無理に走ることはありません。

 

前日のイベントがあれば参加したり、街を散策したりと自由でかまいません。

 

夜、眠れないという人も多くいますが、眠れなくても起き上がっったりするのではなく、
横になっていましょう。

 

横になっているだけで十分に休養はとれます。

 

 

起床時間はレーススタート時間の3時間前に起きます。

 

朝食は2時間半前には済ませるようにします。

 

捕食はカステラやゼリーなどで軽めにすませます。

 

 

水は、少量を口に含ませながら何回かにわけて飲むようにします。

 

決してゴクゴクと飲まないようにして下さい。

 

こうして何回かにわけて飲むことで、身体に浸み込みお腹にたまるようなことは避けられます。

 

 

朝食前に軽く腹筋運動をすることをお薦めします。

 

回数は10〜20回でいいでしょう。

 

こうすることで、身体に走る意識づけができ、途中であごがあがったり、
身体が反ったりするのを防ぐことができます。

 

レーススタート前も身体を動かします。

 

縄跳びのようなジャンプを20〜30回繰り返すと上半身がリラックスします。

 

 

7分間じっとするようだと、ウオーミングアップの効果がゼロになりますので、
必ずスタート7分前以上にウオーミングアップは止めないようにして下さい。

siteトップへ


page トップ


ゼロから始めるフルマラソンの本

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
ゼロから始めるフルマラソンの本

価格:1404円(税込、送料別) (2017/12/26時点)