マラソン大会、荷物の預け方

マラソン大会に持参する荷物や預け方を説明します。

マラソン大会によって荷物の預け方は違います。

 

詳細はパンフレットに書いてあるか、通常は大会前に送られてくる
ナンバーカード引換券と一緒に送られてくる案内に説明が載っています。

 

一番確実なのは事前に大会事務局に確認することです。

 

 

荷物預かりのパターンは大きく分けて3つあります。

手荷物は預かるけれど、貴重品は預けられない
貴重品のみ預かる。(財布程度の小さいものしか預けることができません)
預かりサービスがない

 

です。

 

預かりサービスが無い場合は、その辺に放置になります。

 

 

手荷物預かりでも、リュック1つ分ですので、荷物はリュックに入るくらいに収めましょう。

 

 

事前にホテルなどに宿泊される方は、ホテルで荷物を預かってくれますので、
それが一番確実で安全な方法です。

 

 

手荷物を預ける場合でも、現金やクレジットカードは最低限にして、
高価な物は持っていかない方がいいです。

 

貴重品は心配であれば、ウエストポーチに入れて走ればいいでしょう。

 

急な雨降り対策でビニール袋に入れてしまっておくと安心です。

 

荷物預かりはスタート前に集中して長蛇の列になりますので、
預ける場合は早めに時間的な余裕をみておいて下さい。

 

 

荷物は何を持っていくかですが、まず、着替えですね。

 

それと当日、天気が不安定な場合は当然雨対策が必要です。

 

事前に天気予報をしっかりチェックして天候・気温・湿度など調べて起きましょう。

 

 

レース当日のお勧めアイテムは、まめ・すれ防止のプロテクトS1です。

 

足の指・かかと・脇・ひじ・また・肩など、
ウエア―との摩擦が心配される箇所に入念にすりこみます。

 

後は、バンドエイドも必需品ですね。

 

レース前の水分補給には、スポーツドリンク(アミノ酸入り)やアミノバイタルです。

 

私の一番のお薦めはスーパーヴァームです。

 

レース終盤まで体脂肪を燃やすことでスタミナを持続できます。

 

そうそう、大事な物を忘れていました。時計です。

 

セイコーのスーパーランナーズがお薦めです。

 

私も使用していますが、違和感もなく操作性、フィット感抜群です。

 

 

全国マラソン大会要綱&周辺宿泊ホテル・旅館


ページTOP