ランニングシューズ選び方

ランニングシューズの選び方(初心者向け)

ランニングシューズの選び方

まだ、マラソンを始めて間もない、これから始めるとい
う初心者向けのランニングシューズの選び方です。

 

最大のアドバイスはスポーツ店の店員さんと相談して
購入するのが一番です。

 

といってしまったら身もふたもないので、店員さんと相談する前に最低限の知識をお伝えします。

 

1.自分の足の形を確認する。

 

足の形には大きくわけて3つの形があり、それぞれに注意する箇所が違います。

 

 

・スクエア型
5本の足の指の長さが揃っていて、つま先が横一直線
注意点:小指の横方向の圧迫

 

・エジプト型
親指が最も長く、小指が一番短く、親指から小指に向かって斜めに下がっている。
注意点:親指のつま先あたり

 

・ギリシャ型
人差し指が長く山形になっている。
注意点:シューズ幅の確認

 

1.シューズの使い道

ランニングシューズでも、色々な使い道があります。
ウオークからという人もいれば、フルマラソンという人もいます。

 

フルマラソンでも制限時間内の完走を目指すのか、
4時間切りが目標なのかによってもランニングシューズの選び方は違います。

 

恥ずかしがらずに店員さんに、どのような走りをするのか話して相談に乗ってもらいましょう。

 

1.足の正確なサイズを計る

お店できちんと計測してくれます。
意外と自分の足の正しいサイズは知らない事が多いです。

 

通勤用は○○センチだから、普段は○○センチを買っているからというのは、あまり参考になりません。

 

ランニングシューズは、つま先に余裕を作る必要があります。

 

そのため、普段のカジュアルシューズとサイズがずれたりします。

 

革靴と比較しても、1サイズか2サイズ大き目で、足にフィットすることが多いです。

 

1.シューズタイプを選ぶ

ランニングシューズは、マラソンを2時間台でゴールする人や4時間台の人、
また制限時間ぎりぎりの7時間、8時間という人もいます。

 

ゴールタイムが違うとランニングシューズも違ってきます。

 

初心者の人は、レーシングシューズには手を出さないよいにしましょう。

 

レーシングシューズは靴底がひっかかりやすい素材を使用しています。

 

つまり舗装道路用のスパイクがついているのです。

 

そして、とても軽いです。

 

初心者の人は軽いので、ついつい選んでしまいがちですが、
足への負担や衝撃が大きいので避けましょう。

 

1.ランニングシューズを試し履きする

 

試し履きは靴ひもを足先まで全部、弛め前から順に締めていきます。

 

初めにシューズのかかと(ヒールカップ)に足を合わせ靴ひもを締めます。

 

これは、足を靴と一体にさせる大事な作業です。

 

相性の良し悪しを確かめてください。

 

次に靴ひもを締めた状態で、足の横や甲のフィット感を確認します。

 

ランニングシューズは使い慣れてくるとゆとりが生まれてきます。

 

購入当初は少ししまった状態が良いでしょう。

 

最期に足先のチェックです。

 

つま先に指半分〜1本分の隙間があいているのがいいです。

 

また、親指や小指の当たりはきつくないか?

 

補強材の位置によっては、足にフィットしない場合もあるので、十分なチェックが必要です。

 

1.カラー、デザインを選ぶ。

ランニングシューズvは履き心地が一番とわかっているのですが、カラーやデザインも気になります。

 

希望のカラーデザインを店員さんに伝え、履き心地と両方が満足できるシューズを捜しましょう。

 

 

以上を参考にしながら、店員さんと上手にランニングシューズを選んでみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ゼロから始めるフルマラソンの本

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
ゼロから始めるフルマラソンの本

価格:1404円(税込、送料別) (2017/12/26時点)