マラソン大会前日

マラソン大会の前日にしておくと良い事。してはいけない事を紹介します。

栄養を十分に取る。

 

前日夜に明日にそなえて炭水化物抜きの食事は絶対にしてはいけません。

 

マラソン大会前日夜には、普段よりも少し多目くらいの栄養を取ります。

 

マラソンを走るためのエネルギーは「脂肪を燃焼させる」ことから生まれます。

 

そのためにも、脂肪を燃焼させ続けるために、
「糖質」を充分に摂取することが必要です。

 

そして、糖質を燃焼させるために「ビタミンB群」も合わせて摂取します。

 

ビタミンB群を多く含む食べ物には、豚肉やうなぎ、たらこ、大豆製品
などがあります。

 

豚肉の生姜焼きや、たらこのおにぎり、鰻重などがお薦めです。

 

きなこもちも、おやつとしていいですね。

 

水分を充分に取る

 

あまりトイレに行かないようにと水分補給を控える人がいますが、
前日には水分を1.5リットルは摂取するようにします。

 

 

短時間に一気に飲むとトイレが近くなりますので、
小まめに水分を取りつづけます。

 

常に細胞が潤った状態にあることがベターです。

 

水分補給でも、カフェインを含んだコーヒーや緑茶は控え、
ミネラルウォーター、麦茶、ほうじ茶、スポーツドリンクなどを飲むようにします。

 

 

食べてはいけない食事

前日の夜の食事は、次の食事を避けるようにしましょう。

生ものを食べない。

食あたりの心配があるので食べることを控えましょう。

揚げ物を摂らない

内臓に負担がかかるために止めましょう

食物繊維を多く含む物

お腹がはりやすくなるので控えます

普段食べていない物

食べなれていない食事だと、お腹を壊したり体調を崩す心配があります。

 

前日に自宅で食事するのならOKですが、
遠征先などで食事をする場合には、上記のことに気を付けて
普段食べている食事に近いものを選ぶようにして体調を崩すことが無いようにしましょう。

 

 

補給食の下準備

 

前日にしておく重要な事に補給食の準備があります。

 

補給食によって体調を崩すことがないように、
ちゃんと自身にあった補給食を準備します。

 

当然、味見しておいて下さいね。

 

何キロの地点で何を食べると決めておいて、
その順番にポーチの中を揃えておきます。

 

飴の袋が、キャップ式やヤマ型の開け口の場合、
うまく開かない事もありますので、開け口を確かめておくのも大事です。

 

補給食の準備は前日の夜までに済ませておきましょう。

 

■マラソン大会3日前食事
■マラソン大会当日食事
■マラソン大会補給食

 

 

全国マラソン大会要綱&周辺宿泊ホテル・旅館


ページTOP

ゼロから始めるフルマラソンの本

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
ゼロから始めるフルマラソンの本

価格:1404円(税込、送料別) (2017/12/26時点)