北栄町すいか・ながいも健康マラソン大会の熱中症

北栄町すいか・ながいも健康マラソン大会で起きた熱中症

北栄町すいか・ながいも健康マラソン大会で男性7人女性2人の男女9人が熱中症を訴え病院に搬送された。

 

7月7日、鳥取県北栄町で開催された「北栄町すいか・ながいも健康マラソン大会」に参加した選手が午前10時半ころから熱中症の症状を訴えた。

 

「北栄町すいか・ながいも健康マラソン大会」には、コースは3キロ、5キロ、10キロで、計約5000人が参加をしていた。

 

 

病院に搬送された9人は、20〜60代で、このうちの8人は大会本部と途中に設置された救護所に次々と症状を訴え駆け込んだ。

 

残りの1人は、コースの途中で体調が悪くなり、町職員に救護された。

 

いづれも全員軽症で重症者はでていない。

 

この日の気温は鳥取気象台によると、午前11時15分ごろでは、北栄町に隣接する同県倉吉市で30・3度を記録している。

 

>>赤穂化成 熱中対策水 500ml×24本

 

>>濡らして、絞って、パッと開くだけで、ひんやり冷感、CCTタオル