箱根駅伝豆知識

箱根駅伝の選手は何時に起きる?

箱根駅伝がスタートするのは、毎年午前8時です。

 

最初の区間、1区を走る選手は一体何時に起きて準備を始めているのでしょうか?

 

箱根駅伝豆知識

大学によってそれぞれですが、ほとんどが午前3時に起きて準備を始めるようです。

 

もちろん、当日だけでなく、身体を慣らすためにも1週間前からは、その時間に起きはじめます。

 

起きたら、身体を少しづつ動かし午前4時に朝食を食べます。

 

まだ真っ暗な時間帯です。

 

大会がスタートする時間帯には気温も上がりはじめ発汗しやすくなるので、水分補給は大事ですが、途中でトイレに駆け込むようになっては大変です。

 

煎茶や紅茶は利尿作用があるので、麦茶が好まれて飲まれています。

 

また、つめたいものより温かいものが良いようです。

 

天候不順で延期、中止はある?

箱根駅伝は真冬の寒い時期に開催されるので、雪が降る事もあります。

 

しかし、今までの大会で一度も天候による延期、中止はありません。

 

過去で天気が大きく荒れたのは第82回大会ですが、雪が舞い散る中、大会は実行され見事、無事に全選手が走り切っています。

 

箱根駅伝の金栗杯って何?

金栗杯は箱根駅伝のMVPと呼ばれるもので、「日本マラソンの父」と呼ばれる金栗四三氏の功績をたたえるために、第80回大会から新設されました。

 

最優秀選手賞のことで、第1回の受賞者は筑波大の鐘ケ江幸治。

 

”元祖・山の神”の順天堂大・今井正人と、”新・山の神”東洋大・柏原竜二も、山上り5区で区間新記録をだし、それぞれ3度受賞しています。

 

学生3大駅伝とは?

出雲駅伝

10月の体育の日に開催されます
3大駅伝の中では、一番距離が短く6区間44.5キロです。
「スピード駅伝」とも呼ばれています。
全22チームが出場。

 

全日本大学駅伝

11月の第1日曜日に開催されます。
全国の予選を勝ち抜いたチームが参加し、大学駅伝日本一を決めます。
愛知・熱田神宮から三重・伊勢神宮までの8区間106.8キロを走ります。

 

箱根駅伝

毎年1月2日、3日に開催されます。
3大駅伝の中では最長の距離を走ります。
東京・大手町から箱根・芦ノ湖間を5区間に分け、2日間で往復する。全長は217.9キロ。
通常は20校の参加ですが、2014年は第90回の記念大会なので3校増えて23校が出場します。

 

siteトップへ


page トップ

 

箱根駅伝豆知識関連ページ

箱根駅伝コース
2014年尾開催で第90回を迎える伝統的な箱根駅伝のコース10区を紹介します。 。
第90回箱根駅伝出場校一覧
第90回箱根駅伝に出場する出場校、出場回数、予選会結果、監督/コーチを」紹介します。
第90回箱根駅伝 往路 レース速報
お正月の風物詩となった箱根駅伝。箱根駅伝の誕生からの歴史を紹介します 。