箱根駅伝コース

箱根駅伝コース紹介(往路・復路)

箱根駅伝コース

■1区 21.4キロ 読売新聞新社屋前〜鶴見中継所
大手町・読売新聞東京本社新社屋前がスタート地点。高低差の少ない平坦なコースは、安定感のある走りがポイント。18キロの新六郷橋からの下りでペースを上げ、エースが待つ鶴見中継所へと飛び込む。

 

■区間記録保持者
佐藤悠基(東海大) 1時間01分06秒(2007年)
2区 23.2キロ 鶴見中継所〜戸塚中継所
各校のエースが集まる「花の2区」。高低差40メートルの権太坂と、ラスト800メートル地点から始まる上り坂が、選手の前に立ちふさがる。1区で出遅れたチームが巻き返す“ごぼう抜き”にも注目。

 

■区間記録保持者
メクボ・ジョブ・モグス(山梨学院大) 1時間06分04秒(2009年)
3区 21.5キロ 戸塚中継所〜平塚中継所
遠くに富士山を眺めることができる風光明媚(めいび)なコース。序盤の下り坂で「スピードレース」が展開され、ペース配分が大事となる区間。相模湾からの強風に負けない力強い走りが必要となる。

 

■区間記録保持者
オンディバ・コスマス(山梨学院大) 1時間01分38秒(2012年)
4区 18.5キロ 平塚中継所〜小田原中継所
全区間中最短のコース。スピード勝負の展開が予想されるが、後半に小刻みなアップダウンを繰り返す区間のため、うまくペースをつかめるかが、力を発揮するためのポイントとなる。

 

■区間記録保持者
西村知修(帝京大) 54分34秒(2011年)
5区 23.4キロ 小田原中継所〜箱根芦ノ湖
箱根駅伝の象徴でもある“山上り”区間。標高差800メートルを超す上り坂に加え、急なカーブが繰り返される。距離は全区間中最長。また、往路ゴール前には5キロ弱の下り坂があり、ここで戦う力も必要だ。

 

■区間記録保持者
柏原竜二(東洋大) 1時間16分39秒(2012年)
補足
「区間記録保持者」はすべて1979年大会以降のもの

 

箱根駅伝コース

6区 20.8キロ 箱根芦ノ湖〜小田原中継所
復路は名物“山下り”からスタートする。芦ノ湖を出発し、序盤の上り坂を過ぎると、後はひたすら急な坂道を下る。ラストの3キロはほぼ平地となるが、感覚的に上りを走るような負担がかかる。

 

■区間記録保持者
千葉健太(駒澤大) 58分11秒(2011年)
7区 21.3キロ 小田原中継所〜平塚中継所
21.3キロのコースは、10区間中最も気温差が激しいと言われている。9キロ過ぎから小さな上り、下りが続く。スタート直後は冷え込むが、気温が徐々に上昇するため、ペース配分が重要となる。

 

■区間記録保持者
設楽悠太(東洋大) 1時間02分32秒(2012年)
8区 21.5キロ 平塚中継所〜戸塚中継所
序盤は平坦だが、中盤からはだらだらとした上り坂と、強くなる日差しが選手を苦しめる。残り6キロの遊行寺付近からはじまる急な上り坂が、このコースの最大の難所と言われている。

 

■区間記録保持者
古田哲弘 (山梨学院大) 1時間04分05秒(1997年)
9区 23.2キロ 戸塚中継所〜鶴見中継所
復路のエース区間。下り坂が長い区間なので、ペース配分をきっちりとすることが重要だ。場合によっては、繰り上げスタートが行われる。特に、横浜駅のすぐ近くを通るため、沿道は駅伝ファンで賑わう。

 

■区間記録保持者
篠藤淳(中央学院大) 1時間08分01秒(2008年)
10区 23.1キロ 鶴見中継所〜読売新聞新社屋前
シード権をかけた争いが最終区までもつれ込むことが多く、準エース級がエントリーされる。途中までは1区と逆走するが、馬場先門で右折し、日本橋から直進してゴールの読売新聞東京本社新社屋前へと向かう。

 

■区間記録保持者
松瀬元太(順天堂大) 1時間08分59秒(2007年)
補足
「区間記録保持者」はすべて1979年大会以降のもの

 

 

 

==スポーツナビから引用==

 

siteトップへ


page トップ

ゼロから始めるフルマラソンの本

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
ゼロから始めるフルマラソンの本

価格:1404円(税込、送料別) (2017/12/26時点)

箱根駅伝コース関連ページ

箱根駅伝豆知識
箱根駅伝の選手は何時に起きる?、天候不順で延期、中止はある?、箱根駅伝の金栗杯って何?、学生3大駅伝とは?、箱根駅伝の豆知識を紹介します。
第90回箱根駅伝出場校一覧
第90回箱根駅伝に出場する出場校、出場回数、予選会結果、監督/コーチを」紹介します。
第90回箱根駅伝 往路 レース速報
お正月の風物詩となった箱根駅伝。箱根駅伝の誕生からの歴史を紹介します 。